憧れの自然に囲まれて、おいしい空気を吸い、のんびりと流れてく時間を感じさせてくれる所

新築別荘が欲しい 中古別荘が欲しい リゾートマンションが欲しい 注意点 契約時にかかる費用

別荘(リゾートマンション分譲)

3つの買い方

まず、現在分譲中のリゾートマンションは、おおむね3つの販売形態に分類できます。以前から続けて販売中の「継続販売」。一度販売を中止した物件が売り主などが代わって改めて分譲される「新規の再販」。全く新規に開発する物件を完成前に分譲する「青田売り」。それぞれの販売形態の特徴と注意点は、下表にまとめてみました。 管理という面では、すでに実際の管理が行われている「継続販売」がもっとも判断しやすい物件です。 ほかの2つは、重要事項説明書、管理規約、使用細則などの書類や販売会社、管理会社などの実績を参考に判断することになります。なかでも特に管理会社の過去の管理実績は大事で、資料や近隣にあるほかの管理物件の様子を見て、判断することをお勧めします。 また、再販物件など長期間放置された物件は多少汚れや傷みが出ているケースもありますが、ほとんどが引き渡し前に直してもらえるので、まず心配はありません。逆にコンクリートが十分に乾燥している、接着剤などの蒸発がすんで不快な臭いがほとんど抜けているなど、メリットもあります。

販売形態 特徴 注意点
継続販売

以前から継続して分譲中の物件。モデルルーム販売、家具付きモデルルーム販売など実質的に値下げしているケースが多い。体験宿泊ができる物件も珍しくない

購入できる部屋がある程度限られる。低価格物件では眺望の面でやや条件が悪い部屋が残っている傾向がある。また、築年の関係で公的融資では中古扱いになる場合もある

再販

以前に一度販売を開始したが途中で中止。売り主などが代わって、新たに再販売された物件。通常、販売価格や管理費などが当初の金額より大幅に価格を下げているのが特徴。また、完成したが販売は手控えられ、その後に売り主などが代わって初めて販売される物件もある

売り主が代わることで管理会社も代わるケースが多い。管理費や修繕積立金の金額が下がったことを単純に喜ぶのではなく、管理内容についても気を配って確認したい。完成後数年間放置された物件のため、汚れなどが目立つケースもある。入居前に無償で修繕されるかどうか確認しよう

青田売り

完成前の段階で分譲される物件。残金の支払いは完成後なので、時間的な余裕を持って資金計画を立てられる。また内装や間取りをオプションで変更できる注文感覚のシステムを取り入れた物件もある

購入を決める段階では実物を見ることができない。室内の雰囲気はモデルルームで一応確かめられるが、仕様が変更されるケースもある。各部屋の眺望については建ってみないと実際には実感できない

購入と注意

分譲中のリゾートマンションを購入する時にローンを利用する場合、申し込みから入居までに必要な期間は現金購入で約2週間。提携ローン利用で約1カ月必要です。 費用の面では完成済み物件の「手付金」は、申込金と合わせて購入価格の10%。未完成物件は購入価格の5%以上あれば、不動産会社は保全措置を取らねばならないと法律で定められています。 残金の支払い時には登録免許税や司法書士の手数料などの諸費用も併せて支払います。売り主から直接購入する分譲中のリゾートマンションの場合、諸費用の目安はおよそ購入価格の3〜6%程度になります。時には購入物件の固定資産税評価額やローンの借入額などによって増えますが、10%もみておけばまず大丈夫でしょう。

別荘(リゾートマンション中古)

中古のリゾートマンションを購入する場合は、実際の管理状況と売り主の売却理由に注意を払いたいものです。管理規約や使用細則はもちろん、管理組合の年次総会の報告書や決算報告書は参考になる貴重な資料。仲介会社に依頼して、売り主から契約の1週間程度前に入手しましょう。
売却理由で注意したいのは、まず湿気です。何らかの理由で湿気がこもりやすい部屋というのがあるのです。定住なら除湿器を各部屋ごとにフル稼働させるという対処法もありますが、週末だけの利用だとカビが繁殖する懸念もあります。窓を閉め切った状態でカビ臭が感じられたら要注意です。トイレや押し入れ、給湯器の周辺、洗面台の下などをのぞいたり、念のため、仲介会社を通じて売り主に確認することをお勧めします。
また、隣接する部屋が法人の保養施設として使用されているケースなど、週末は深夜までうるさい場合も。これも確認したいポイントのひとつでしょう。

中古リゾートマンションでの注意点

項目 注意点
他のオーナーの
利用頻度

リゾートマンション全体で、週末や行楽シーズンにどの程度の利用があるのか。混雑度合いは利用の快適さを左右する要素だ。逆にそうした時期に利用頻度が少ない(おおむね30%以下)ようだと、管理組合全体として管理費の滞納などが懸念されるので要確認

建物の状態

築10年を超えるリゾートマンションの場合は、念のため外壁などの亀裂がないかチェック。また、水道や備え付けの暖房器具などの状態を、動かしてチェック。近々大規模修繕工事の予定があるかも確認する

室内の湿気、カビ

湿気やカビがひどくて売却するケースがある。仲介会社を通じて、必ず売り主に確認しよう。疑わしい場合は別の物件を探すか、納得したうえで価格交渉

共用施設の運営状況、
管理サービスの内容

温泉大浴場やレストランなどの共用施設が使える時期、時間帯、料金を確認。その他の管理サービスの内容や料金も同様に

管理費等の滞納

使用しなくなって売る場合、売り主が管理費や修繕積立金を長期にわたって滞納しているケースが珍しくない。滞納額、清算はどちらがするのかなどをチェックする

修繕積立基金の額、
口座の名義

長期修繕計画の有無、その実績とともに修繕の原資となる積立基金の額と滞納の程度を確認したい。それが購入の条件であることを早めに伝え、できるだけ重要事項説明の前に売り主から資料の写しをもらい、判断しよう。また、積立金や管理費の口座の名義が管理会社になっている場合は要注意

管理組合の決算
報告書、活動記録

管理がどのように運営されているかを事前に確認するのは大事。自分の目で確かめると同時に公式の書類でも確認したい。売り主が保管していないケースだと、管理組合には部外者(購入前の買い主)に見せる義務がないので入手は難しいが、誠実な仲介会社では入手してくれる


購入と注意

古リゾートマンションの購入では、ローンの借り入れがポイントになります。提携ローンを持っている仲介会社は少数派なので、フラット35を使うか、自宅などを担保にローンを組むことになります。
また、仲介手数料を含めて、購入価格に対して税金・諸費用が占める割合はやや高くなります。

仙台で土地活用


top
 
(c) ログハウスで過ごす Allright Reserved.